今アメリカで開催中のグループ展「大地 海 空2019世界サイアノプリント展 」に加えて、1113日からオーストラリアのメルボルンで私個人の写真展を,またあの素晴らしいTacit Galleriesでおこないます。 

 

タイトル : 夜の宝石

ギャラリー:     Tacit Galleries, Melbourne, Australia

期間 :   2019年11月13日〜12月8日

 

今まではバライタ白黒写真にこだわりつずけてきましたが、今回は1842年に発見されたサイアノタイプのコバルトブルーが星空写真に最適と思い、この技法を使って、全て自分でプリントしました。星空撮影は、それなりに普通の写真とは違う方法でとりますが、それだけでなく、夜一人で孤独と寒さと戦いながらの撮影です。しかし青黒い空を仰ぐと、満点の素晴らしく輝く星が見え、地球は一人ぼっちではないんだなと納得します。また、サイアノタイプという古いプリント技術を使うことにより、まるで写真ではない様な芸術的なプリントになります。コバルトブルーと白は、水、空気、宇宙、星を表現する最適な色で、浅瀬のマングローブ、湖に写り込んだ星の軌線、天の川の中の微妙なトーン、皆全てカメラのレンズが捉えています。それらは、100%コットン紙にプリントされ、また紙の質感も加わり、とてもユニークなプリントに仕上がりました。

 

期間中是非ご高覧して頂ければ、嬉しいです。

詳細は、ギャラリーのサイトをご覧ください。

また、私個人のフェイスブックもご覧になってください。

http://tacitart.com.au/

https://www.facebook.com/keikogotophotography/